なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。主に吉祥寺にて。ご依頼あれば出かけます。

タロット、なるべく触れること。

昨日はタロット連続講座の第4回目でした(全6回のうち)。
お話するわたしが面白かったというのもなんですけれど、...面白かった。
講座は毎回必ず、実際のご自分のご相談を占う時間を作ります。
カードについての知識はお話したとしても、自分の体に落とし込むには自分自身のこととつなげてカードをなじませていく作業が必要だからとわたしは考えています。

講座のよいところはいろんな方がいらっしゃることで。
そこでいろんなご相談やそこに出てくるカード、ご自分のことだけではない。広がりがあります。
そこからそれぞれのパーソナリティーが見えることで、また別の面白さも湧いてくる。
そういうことが醍醐味なのかなって思います。
(個人レッスンは個人レッスンのよいところがありますよ。一番はその方のその時のニーズとペースにしっかり合わせて進めていけることですね。濃密にできること。場合によってはセッションにも近いかも。)

わたしの場合は連続講座は隔週での開催にしています。
隔週にすることで、実際になかなか自宅では触れる時間が取れなかったとしても講座でコンスタントに触れることがよいのではというか...。
触れないと単純に忘れちゃうから。一ヶ月ごとだとちょっと間隔長すぎるかな。

読む時はできれば声を出すようにできたら本当はよいのかなと思ったりもしています。
パーフェクトなきれいな日本語じゃなくていいから。
「よさそう」「微妙...」ぐらいからでもいいんです。

自分の中だけだと「なんとなくこんな感じ」で終わりがちということがあるので(実際は恥ずかしいとは思うので、誰かに話をするつもりでいけたらいいんですけれど..)。
ある程度、カードの意味がつかめてきた後ならばお友達など自分以外の誰かを占うのはおすすめです。
自分以外の方から出てくるご相談にふれるということは、ボキャブラリーを増やしてくれます。
このカードがこんなふうにこんなところで出るんだー、とかね。
あと単純に、言葉にしなくちゃいけなくなる。スピーディーに。

もちろん、その場合は相手を傷つけない配慮と、タロットに対する小さな敬意をお忘れなきよう。
占いとしての結果をねじまげることはNGと思います。
だとして「実はあんまり...」だったとするならば、どうしていくと状況が変わっていきそうということも含めてお話していくこと。
問題点があるならば、カードの意味から解決方法を探ることはできるはずです。

楽しんで、カードとこれまでのご自身が生きてきた中で培った経験を活かしていってくださいね。


...ここから宣伝。
一応、9/7(金)朝8時~と9/8(土)11時~、タロット読み練習会を開催します。→
タロットが好きだけれどしばらく触れていない方、もっといろんな方のご相談に触れたい方、独学で学んでこられてカードの意味はわかるけれどタロットでストーリーがなかなか作れないと感じていらっしゃる方にもぜひ。
両日ともまだまだお席あります。お気軽にご参加ください。
連続講座参加者さんには割引もあります。

10/13(土)からはタロット連続講座も再度開催いたします。連続6回。→
参加できない回については振替も可能ですのでご相談ください。
こちらは再受講も可能です。単発OK。
9/28(金)と9/29(土)には体験会もありますので不安な方はどうそ。→


タロットとのお付き合い、それぞれいろんなスタンスがあると思います。
楽しんで、でもよいし、カードが作られた背景のことも含めて極めたいという方もいらっしゃると思いますし。
それぞれでいいよね、とわたしは思っています。
だってそれぞれ生活の中で優先順位はあるから。
わたし自身は難しいことはお話できないんですけれど、ベースの部分はしっかりとおさえられたら...かな?
そのあとどんなふうにも進んでいけるように。


お待ちしています。

 

f:id:frorogn0819:20180903133601j:plain

アトリエ kiChiの壁に貼り付けたホワイトボードのシート。まさかこんなにフル活用するとは...。ありがとうですよ。ほんと。


なかむらかえる
星とカードと手のひらと。
うっかり等身大で歩きだす、そんなお手伝いをしています。