なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。主に吉祥寺にて。ご依頼あれば出かけます。

西洋占星術連続講座平日コースが終了しました。

…ほっ。

本日、西洋占星術連続講座平日日中コースの最終回でした。
1月から隔週6回、おつきあいくださいましてありがとうございました。

いつも緊張していたしいつも難しかったけれど、参加者さんに助けられて進みました。

終了して「わかりやすかった」と仰っていただいて「えーっ!なんでそんなほめるのー。だましてない?調子にのっちゃうよー」と思ったことは内緒です...(内緒じゃない)。
いやいやいつも試行錯誤悪戦苦闘しているので...。
ですがありがとうございます。成長していたらいいな...。

わたしはひたすら基礎的な部分をお伝えしています。
多分今後も高度な(?)ことは開催しないんじゃないかな?
わたし自身がある意味基礎的なことしかやっていないと思っているので。
ですけれど、それでもちゃんとお話すればお客さまにも伝わるという実感はあります。

あ、未来予測と相性はやると思います
あと読み練習も。読んで、実際の声を伺って知識を生きたものにしていくことって本当に大切なことだと思うので。

わたしは自分が勉強していて、正直なところすっごく学びは遅い人だったと思います。
周囲を見ていて早くてすごいなーと思ったのは著名人の方などのホロスコープをどんどん出していく方。
でも当時はあまり著名人の方にも関心がなくて(ていうかテレビなくて時代についていってなかった)、モチベーションが上がらなかった。
チャートを出したのは少女時代とか落合博満とか...。自分がファンだった人たちがメインだな...結局。

とにかく自分のことを知りたい!だったので、自分のチャートをねちねち頭の中でこねくり回していました。
あれはこーではないかあーではないかと。
あとは過去に自分にとって重要だった方とか。
なぜ?どうして?という過去の整理をしたかった。

なのでお恥ずかしいけれど、わたしは仕事をする前に出したチャートの数はきっと少ない方だと思う。
だけれど、じっくり自分の中で実感をもちながらかみくだいていったことで本に書かれている言葉でなく、自分の平易な言葉を出せるようになっていったのかなと思っています。

西洋占星術自体、最初は仕事で使っていませんでした。もともとはタロットのみ。
だけれどタロットのみではお話しきれないご相談も出てきて使うことにして...悪戦苦闘しながら進みました。
それでもなるべくホロスコープに沿ってシンプルにお話させていただくと納得していただけたり(もちろんダメだった時もある)。

講座自体も実はありがたいことに最初はリクエストをいただいて。
でも思い出すと最初はひどかった...。今思い返すとあの頃の参加者さんに申し訳ないくらい。
最初はモニター様価格にしたんですよね。そうしておいてよかった...。あの時のみんな、ありがとうー。

講座もわたし自身も参加者さんに育ててもらったようなものです。
出てくるご質問があって、そこから逆に話しながら整理され自分の中の言葉が出てくる。
感謝しかありません。

今日の最終回では休憩の時間に水星の三区分の話が出ました。

その時出たのは蠍座の水星のことで。蠍座は固定宮です。
スピード感ではない。だけれどひとつのことを深くじっくり。

でも活動宮の方だとスピードでばばっと進めていける。

どっちがよいでもわるいでもない。ただ「違う」です。
だけど自分に合ったやり方でいけば、よい仕事は十分にできるはず。

わたしの水星についても尋ねられたのですが、わたしの水星は乙女座。柔軟宮です。
自分からではない。柔軟宮は対象あってこそ。リアクションなので、誰かがいてこそ引き出される感じがあります。
(ただしアスペクト冥王星が0度でくっついていて、考えすぎちゃうんだよね。で、余計なこと考えすぎて、仕事できる人とはなれてない感じはあるのですが。)

講座については今ぐらいの3~4名の少人数での開催が自分には合っていると思っていて、
講座中もやりとりしながらできるんですよね。そうすることでより引き出しあう。脱線もするけれど、そこからまた違う観点が見えたりもする。
そういうことで講座すべてが一律の内容という雰囲気にはなりにくいのですが、より膨らんで有機的に講座自体が豊かになっている・させてもらっている感じがあります。

大人数の方の前でただわたしがお話してお伝えしていくというスタイルは多分合わないんじゃないかな。
いやどっちみちそんなの誰にも求められてないけど!

早朝の占い教室に至っては本当に講座中もあれこれやりとりしながらになっています。だけどそれがおもしろい。わたしにとっては。
ありがたいことに参加者さんにも今のところ受け入れてもらえているのかなという感覚があります。
セミオーダーメイドぐらいなのかな。

 

今回受けてくださった方がここを読まれているとしたら。
全部読もうとしなくていいんです。
できれば四元素三区分だけで。
さらには四元素のみ、あるいは三区分だけで読むことをされてみたら。それだけでしっくりくることはあると思います。
10天体についてお伝えしたけれど、太陽、月、水星ぐらいまででもいい。
慣れたら恋愛バージョンで金星、火星について読んでみるのもいいと思います。
ご自分や身近な方のホロスコープを読んでみることで少しでも生活の中で役立てていただけましたらと思います。

3ヶ月、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み練習会や未来予測、相性講座なども開催したいと思っています。ご都合よろしければ、ご参加くださいね。
(その前にアスペクト練習会、もう一回やりたいとも思っています。意外とだいじなのよー。)


西洋占星術連続講座は4月以降も開講します。→
まだまるっとお席は余裕ありますので、よろしかったらご検討くださいね。この曜日がよいなどのリクエストいただけましたら、なるべく合わせて開講していくことも考えています。
わたしがどんな人かわからなくて不安な方がいらしたら、体験会もあります。→ そのうえでお考えいただけましたら。

(でもってこの吉祥寺 なかなかどう アトリエ kiChi、3/28(水)に開放デーもあります。→ 一度見に来てみてくださいませ。チャージ料500円とさせていただいていますが、なかむらおみくじといけまさんおやつがつきますので損はさせませぬ。こちらもよろしくお願いいたします。)

あと以前に開催した、はじめてさん向けの「ここだけ使おう」占星術ワークショップもまたやりたいなー。すごくおもしろいものだと思っているけれど、それぞれの生活もあるし、「ちゃんと」じゃなくても生活の中で使える分だけというのはありだと思うんだよね。タロットもひさしぶりにそういうのもやろうかな。

 

f:id:frorogn0819:20180322214954j:plain

この記事とは関係ないけれど、先日いただいたお花、なかなかどう アトリエ kiChiに飾りました。ありがとうございました。

 

なかむらかえる
星とカードと手のひらと。
うっかり等身大で歩きだす、そんなお手伝いをしています。