読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

池袋新文芸坐にて「ゾンビ」を観てきました。

仕事が久しぶりに夕方で終わった日、
思い立って池袋新文芸坐で映画「ゾンビ」を観てきました。

 

f:id:frorogn0819:20160810140810j:plain

はるか昔、20年以上前にお友達のお友達が突然ビデオを持ってうちにやってきたのです。
わたしはホラー映画なんて全然興味なかった。
…が、観ていくうちになんか妙に面白くなっていく。
そしてラストシーンが素晴らしい。

なんかとりあえず「ゾンビ」という映画は素晴らしいということだけはインプットされたその時。

…ですけど久しぶりに観なおしてみて、
見事にぜーんぶ忘れてました。
この映画、面白いのはゾンビの映画なんですけど、主人公たちは都市から逃げて、地方のショッピングモールに滞在するんですよね。
そこでほのぼの過ごすような描写があったんですけど、
覚えてたのは「ショッピングモールに滞在」という設定だけ。

観る前は今観てももう感性も鈍っているし面白く無いかもとか思っていたのが、ひとり大盛り上がり。

この「ゾンビ」という映画、いくつもバージョンがあるらしいんです。
今回観たのは米国上映バージョン…らしい。
ですが、そもそもかつてわたしが観たの自体がどのバージョンかがわからない。

昔素晴らしいと思ったラストシーンはやっぱりいいと思いました。
美しく終わらせるよりも、カッコよくなくても(いや別にカッコ悪くないんだけど)とにかく生きる。
保証はなくともひとすじの希望へ進む。
そんなラストシーンです。

人生でもう一回ぐらい観ることができたらいいなあ。

 

新文芸坐でのレイトショー上映は本日8/10(水)まで。
明日8/11と12は「悪魔のいけにえ」なんですけど、うっかり時間できたら行こうかなあ…。

これからちゃんと週に一日はきちんと休もうとか考えてまして(うっかりしばらくなかった)、そんな時用に文芸坐友の会入ってもいいよなあ…とか考えながらトイレに入っていました。
トイレに文芸坐友の会のお知らせが貼ってあるのよ!
1年に4回観るなら元は取れるらしい。

 

すいません。
久々に告知以外のこと書いてますけど、本日は雑司が谷ジャングルブックスにて占っています。
来てきてーと言いたいけれど、この暑さ…。
よろしかったら涼しくなった頃にお越しください…。20時までおりますので。

 

8/12(金)のはじめてさん向け西洋占星術ワークショップはガラ空きなんですけど、お一人でもいらっしゃれば開催しようかなと考えています。→
もちろん参加者さんがよろしければ。少なければ少ないほど、濃密になることは確実…。
ですがまあ、怖くはないと思います。何かに勧誘することもないですし。
西洋占星術はおまじないではなくて、バチが当たる当たらないでもなくて、こういう傾向がありそうですよ、こういう流れがありそうですよ、というものを観るものです。

 

8/28(日)の手相ワークショップは地味にどんどんお席が埋まってきています。ただいま残席4名。→
13時からですのでご注意ください(一部お知らせは10時となっています)。

広告を非表示にする