なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

じんわりと下北沢。

昨日は下北沢での占いの日でした。
お越しいただきましてありがとうございました。
拙いけれど、基本はカードそのまま読むのだけれど、目の前に座ったお客さんにはしあわせになってほしいって思っています。
そしてそんなにがんばろうとしなくていいと思うのです。そうしなくちゃいけない過程はあったのだろうけれど。

わたし自身は日々ひとり反省会だ。
あとになって「こうお伝えすればよかった」というのがざくざくざくざくわいてくる。
これはこの後しっかり活かしていくしかないと思う。
まだまだです。本当に(当たり前だ)。

夕方になってざーっと大雨。
帰る頃には落ち着いて。

帰りに7/18(祝・月)のなかなかどうフェス→ のチラシを、B&Bという本屋さん→ に置かせてもらってきました。
これで下北沢近辺の池間由布子さんと山田真未さんと夜霧さんが好きな人にも届きやすくなりますようにと。
しかしなんとB&Bさん自体は7/18は四周年記念イベントなんですって。ああ。すみません...。そんな日に別のイベントのチラシを(でも置かせていただけました。感謝!)。
でも四周年、めでたい。すごいことだ。

 

f:id:frorogn0819:20160715082951j:plain

 

B&Bさんでは伊藤比呂美さんの本「父の生きる」とよしもとばななさんの本「下北沢について6」を購入する。
伊藤比呂美さんの本はいつかどこかの本屋で買っただろうけれど、よしもとばばなさんのこの本は多分他の本屋さんでは買えなかった。B&Bさんが発行されている小冊子ぐらいの本。
中身の文章は本屋さんやカフェ―個人の脳の宇宙を存分に表現したお店―について、だったりする。

下北沢、他にも魅力的な個人の本屋さんがいくつかあるみたい。
その文章を読みながら、そういう場所が生き続けられる下北沢っていい街かもなあ、とじんわり。

 

f:id:frorogn0819:20160715082014j:plain

 

わたし自身が下北沢に行くのはFUTUREDAYS下北沢での鑑定の日で、そうなるとわりとでっかい荷物を抱えてふらふらなので、実際はあんまり寄り道はできないのだけど。

それでも下北沢の街がなんとなく好きになってきていて。
いつか住みたいとか考えるんだろうか。
うーん、にぎやかだからちょっとだけ離れていて。
でも自転車で行き来できたりするといいなあ。
でも人が多いから、自転車でうろうろするのも大変かなあ。
妄想する。

おかげさまで「なかなかどう 月曜日のきっさとうらない」というお店を開いている西荻窪という街も大好きで、ここも個人のお店がとてもたくさんあって、ちゃんとなりたっている街で。
下北沢と似てもいて、でもどこかちがう。
ちょっとここは今はうまく言葉にできない。

 

f:id:frorogn0819:20160715082032j:plain

(雨仕様。濡れないようにキャリーケースにビニールを掛けて。この状態で下北沢の街をうろうろするのはなかなか恥ずかしかった。)

広告を非表示にする