読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

「女の一生」と「もっと深く知りたい12星座占い」

本を買いました。
伊藤比呂美さんの「女の一生」という本と月星キレイさんと芳垣宗久先生の「もっと深く知りたい12星座占い」の2冊です。
ふんぱつした。

ていうか、借りっぱなしの本、たくさんあるのにごめん!

ちょっと12星座占いについては今さら今さらきちんと考えておきたくて、発売とほぼ同時に入手したんですけれど、内容...濃いなあ。
こんなにも書けるものなのか、と。
落ち着いてしっかりと読みます。

伊藤比呂美さんの「女の一生」。
もう、本屋さんで見つけて衝動買いです。
伊藤さんの本は好きです。
「コドモよりも親が大事」や「伊藤ふきげん製作所」などの本にかつて大変救われたと思う。
わたし自身は女性ですけれど、子どもを持ったことも持ちたいと思ったこともありません。そして身近に子どもがいたこともほぼなくてこの年まで慣れられないまま。
伊藤さんの本は子育てのことに触れながらも、そういうわたしみたいな人も否定されない感じがあるように思えました。

あとは「万事OK」、人生相談本です。当時は衝撃でした。
正しい正しくないだけが世界ではない。なんとなくなんとなくだましだまし行くしかないこともある。答えはわかっていても、だからって何もかもがいきなりわりきれるわけではない。自分自身でもがきながら進むしかない。
...そういうことを無視しない本のように思えました。
わたしには、そう言ってもらえるほうがよかったんです。

恋をして仕事をして結婚をして子どもを産んで育て上げて...みたいなところからすると、わたしは果てしなく経験値は低い。
なんにも知らない気もするし、ある部分についてだけは妙に知ってるところもある...かも。
わからないな。
新たなお客さんに出会う度に、わたしの知らない世界をまざまざと見せつけられる。学ばされる。
まあともかく。

やっぱりこの「女の一生」面白いです。名言(個人的にですけれど)がざくざく。
今の若い人たちにはどうなのかな。
ちょっと、この本とは全然関係ないけれど、今のお若い方々のことをもっと知りたいと思っています。

 

f:id:frorogn0819:20160522123305j:plain

広告を非表示にする