なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

何度でも何度でも何度でも(ドリカムじゃなくてごめん)。

前置きとして、わたしは占いを通していろんな方のお話を聞き、それに対してお話をしていくという仕事をしています。
が、
わたし個人としてのパーソナリティーというのはパーフェクトでもなんでもありません。
人と特別ちがったところもなく、人生において回り道は多いかなというくらい(それもたいしたことはない。けど、多分占いをする上では役立ってはいる)。

 

f:id:frorogn0819:20160519160123j:plain

(これは最近ヒットの牛乳プリン。表情がかわいくて...)

 

えっと。
映画版の「タッチ」を観ていたんですよ。お友達含めて何人かで。
「タッチ」あだち充原作です。
映画版は犬童一心監督です。長澤まさみが南ちゃんの役です。たっちゃん、かっちゃんの双子の兄弟の役の人の名前は...覚えられなかった。
まあ、南ちゃんというヒロイン絡めて、いろいろいろいろあって甲子園を目指す物語です。
舞台はぎりぎり東京、らしい。

で、観てまして。
東京で高校生で野球。甲子園の前に地区予選をやっています。
やっていて、決勝戦の舞台は明治神宮なのです。
決勝戦のシーン、観客席の応援が映しだされます。
傘ふったり、なんかいろいろふってる。ウェーブとかポンポンとか。

...あれ?
わたし自身の記憶がふと蘇りました。

...ここ、かつて好きだった人とよく行ったとこじゃね?

記憶どんどん蘇る。
中日ファンの人でした。
神宮球場ヤクルトスワローズのホームグラウンドです。
東京での中日VSヤクルト戦の時は必ず神宮球場での試合となります。
で、中日戦の時はよく連れて行ってもらった。
で、ヤクルトの応援団が休憩タイムみたいな時には傘振って...とか、そんなお決まりの応援方法みたいのがあってさ。
しかしすっごく大変な人だった...。

わたし、かつての好きだった人の思い出の中に映画版「タッチ」を観ながらどんどんはまっていく。

そうこうしているうちに物語は進み、結末は一応伏せておきますが、
わりと唐突に映画は終わりました。
そして始まるエンドロール。
主題歌はYUKIの「歓びの種」。
YUKI、好きです。この曲も好きなんです。...あ。

また辿っていく頭の中。
YUKIを好きになったきっかけって。

その前に好きだった人がいきなりYUKIのコンサートに連れて行ってくれたんだ。
チケット余ってるって。
それがすっごくよくて、たくさんお話をして盛り上がって。
こんなに伝わる人いない、とかそんな風に思った...確か。

これ、どちらも10年以上前の話。
なんかずっと全部みごとに忘れてた。ごめん。

 


ていうか、わたし。
実は前に好きだった人のこと、ここ数日振り返っていたんです。
振り返って、すごく嫌な思いをしたことと、でも好きだったところと。
どっちにも振り切りきれず。でも嫌な思いをしたことは消し去れない。
でもどっちにしろ、わたしは今そのフィールドにはもういない。
でもでもでも。
ずっとぐるぐるしていました。
すっごく好きだったのは本当。あんなにある部分で合うところがある人なんてなかなかいなかった。、でもだ。
いろいろ難しいところがあって、もう心から好きというだけには戻れない。うれしいだけでは無理。
笑って、楽しいだけの気持ちでは会えない。頭の中で過去と現在を行ったり来たり。


...とかなんとか考えていた矢先に「タッチ」に出てきた神宮球場からずっと前の彼氏のことを思い出し、エンドロールのYUKIの曲からさらに前の彼氏のことを思い出させられるという...。

あれ。なーんだ、と思った。
あの時もあの時もあんなに好きで、あーだこーだとじたばたして怒ったり泣いたり笑ったり、傷つけたり傷つけられたり。
その時はその時で目の前の人のことしか考えてなくて。すっごく好きと思ってて。
その時その時100%(いや実際は70%ぐらい...かも)のつもりだった。

...でもとりあえず。
ちゃんと次行ってんじゃん!
忘れてんじゃん!

そうだよー。そんなものなんだよ。

...で、ふとよぎった言葉が、
「大丈夫。多分またわたし誰かのこと好きになる」。
(まあ年齢が年齢なので、対象的にいろいろ難しいことはありますけれどね)

今は悲しい、なんて思っていても、また次ちゃんと来ますからね。

あらためて自分のしぶとさに呆れたり、ブラボーとも言いたくなったり。
多分、わたし懲りないわ。

 

でもこれは自分のことなんだけれど、
多くの方はそれぐらいの立ち直り力ってちゃんと持ってるんじゃないかしら。
生きるために必要な、忘れたり流していくような力も含めて、次に進む力みたいなの。

そんなことも考えたりした。

だから、いろんなこと恐れないで、とも思う。
本当にヤバイなっていう時は自分を守るために逃げたっていいんだし。

健康で元気でさえいればいくらでも終わりはあって、始まりはあるんだと思う。
で、選ぶのはまずは自分。


そんなわたくし。彼氏欲しくて、縁結び目的に伊勢神宮まいりに行きたいと思っています。

【小さくアピール】
伊勢に行こうと思っている話をおともだちにしたところ、
「なかむらかえる先生と行く伊勢神宮開運ツアー」(!)として仕事にしなさい、というものすごいアドバイスを受けまして...。「先生」とか言って、石投げられそう...。
でもわたし伊勢のことも神社のこともなんにも知りません。さらに占い以外の部分では超コミュ障。きっと楽しくもりあげトークなどもできないと思います...(ひどい、ひどすぎる)。
そんなのでよろしかったら本気で企画します。7月予定。第1木曜夜か第4木曜出発で車中泊含めて1泊2日か2泊3日か。うーん。8月に入るのかなあ...。
深夜バスで行くことを考えているんですけど、それなら夜行バスでも中級ぐらいにはしようかな、とか。

わたし「宴会とかで盛り上げ役できないよー」と話したら、いけまさんからは「ランチはどうか」という意見も。それなら現地の食べものでお得に安く。いいかも、女子。

突っ込まれればいろいろこれまでの恋愛、ところどころお話します。
わたしモテませんけど、わりあいひどい恋愛経験はあるかもしれません(お金取られるようなのはない)。
なおかつ基本尽くしてるようで、最終的には超身勝手です。
とか書くと恋愛多そうな感じがしそうですが、言っておきますけれど、でも、全部結局だめになってますからねーーー。(今のところ)
そして現在彼氏なし。

なんの導きもできませんが、笑えるところはあるのかどうか。楽しく開運ツアーいかがでしょう。

 

...なんて。
こんなくだらなく楽しいこと、頭の中で考えながら本日もがんばっております。
今日も明日も明後日以降も、どうぞよろしくお願いいたします。

 


「Touch」by Yoshimi Iwasaki

(わたしの中では「タッチ」と言えば、やっぱりこの曲...)

広告を非表示にする