なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

何度も何度もくりかえす。

こういう方、他にどれぐらいいるのかわからないけれど。

Noを言うことが非常に苦手なのだ。

わたしは―これはよろしくない癖だと思うのだけど―相手のニーズに合わせようとしすぎて自分の状況・状態を無視してしまう傾向がある。
それはかなりデフォルト。

…それやりつづけると人との関係とか破綻しちゃうんだよね。
自分のそもそもの状況・状態を無視しているから、そのうち体やら精神が悲鳴をあげだす。
相手は相手でそのわたしが相手に合わせる状態をデフォルトだと思ってしまうから、わたし自身の状態を顧みなくなる。

多分、場を乱さないということでその場の安定は保てる。そういうことをとっさに重視してやってしまうのだと思うけれど。
でも、結局ものごとのベースが「(自分自身が)やりたい」「好き」という能動的な衝動ではないから。それがないと自分の中で継続しつづけることができなくなってしまうのだ。

タロットカードで占っていて時々思うのは何事についてもベースは四大元素の「火(ワンド)」の意思・精神力・生命力なのではということ。

でももうひとつ思うのは。
さらにそのベースは(四大元素の)「土(ペンタクル)」ではないかということ。
表すのは形あるもの。
体、お金、現実のベースのない「火(ワンド)」の意思・精神力は行き過ぎて方向性を誤ってしまうことがある、と思う。

なんとなくつらつらこんなことを考えています。
上のような部分は、わたしは西洋占星術でいうなら自分の出生図(ネイタルチャート)を見ながら説明することはできる。
まあそういう資質はそもそもあるということ。
だけど、わたしはそれを認識はできている。

だから時々忘れて、また同じような失敗をしてはさらにあらためて強く自覚する。
そのくりかえし。

本当にばかだなあと思うけれど。人を自分を痛めつけて、やっと「わたしはわたしのために生きている」ということを思い出す。

トライ・アンド・エラーということになるのか。
しょうがないけど、それしかないんだと思う。

 

木曜日は高円寺マリフォーチュンにて。
金曜日は西荻窪「食とセラピー ていねいに、」さんにて占いをやらせていただいています。
お問い合わせ・ご予約はfrorogn0819@hotmail.co.jpまでお願いいたします。

広告を非表示にする