読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

固定と柔軟についての小さな個人的考察

西洋占星術における牡羊から魚までの12サインには活動宮・柔軟宮・固定宮という三区分があります。

活動宮というのは牡羊・蟹・天秤・山羊
柔軟宮は双子・乙女・射手・魚
固定宮は牡牛・獅子・蠍・水瓶

動きとしては活動はとにかくどんどん動く
柔軟はその場に合わせて・環境適応能力高い
固定はなかなか動かない・が一度決めたら継続

ざっくりこんな。

わたしは主要な天体が固定宮に多いんです。
特に根幹ともいえる太陽(人生の目的)と月(素の自分)が固定宮。
つまりなかなか「動かない」が「決めると変えられない」がとても強いんです。

先日も自分のそういう部分をしみじみ実感させられる出来事がありました。
ほんとにね、めったに動かないのよ。自分の意識としては。
でも動いてしまったら、何かひっかかりがあっても、それがよい結果を生まないとわかっていても変えられない・止められないの。

それで失ったものはたくさんありますね。

そんなわたしが最近、柔軟宮の方と長くお話することがあって思いました。
柔軟宮、すごい。
わたしが全部直球ストレートでまわりがまったく見えないのに比較して、
さらっと「あれもあるよこれもあるよ」とジャッジなしでどんどんさらっと差し出してこられる。
なんと発想の豊かでフラットなこと。
真似できん。でもその突っ走りすぎずにゆるくその都度変えながら前へ進むというところ見習いたいと思った。

固定宮は強いようで一直線な分、何かあるとポキっと折れやすい気がするの(自分のことだからごめんね。他の固定宮過多な方)。
でも柔軟宮は風に吹かれていろんな方向に揺れながら、最終的には絶対に折れないんじゃないか。
そんな強さを感じます。

人と人は違っていて、だから補い合えるのだと思うけど、
こういうわたしは誰かをどこかを補っていたりするのかどうか。

せめてもと一生懸命いいところを探すならば、
とりあえずプライド高い。で、プライドが許さないが故に自分で決めたことに対しては恐ろしくしつこい。
これがちゃんといい方に働いているかどうかについての振り返りはこっそりします...。

活動宮についてはまた後日。
でもひとことで言うならば「行動に迷いがない」かしら。
早い。潔い。かっこいい。

活動宮―短距離走(スタートダッシュが命)
固定宮―長距離走(かなあ?ロングランだとは思うけど。どっちかというと設営のポールを延々打ち続けてそう...)
柔軟宮は―ジャングルジム?

 

今週29日の金曜も食とセラピーていねいに、→ さんにてタロット占いあります。
お問い合わせ・ご予約はfrorogn0819@hotmail.co.jp まで。
小さくアピールしてみます。
よろしくお願いいたします。

 

「男の子ってすこし悪い方がいいの」って必殺のフレーズだと思うなあ...。

広告を非表示にする