なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

木星はふくらまし天体

少し前から占星術の世界では木星という天体が獅子座に入ったことが話題になっています。

わりと木星は「幸運の星」と言われていて...
実はわたしは獅子座です。正確には太陽という天体が獅子サイン。
木星が獅子座に入ったことで「獅子座の時代」と言われてはおりますが...現時点でまったくその実感なし。

木星は「幸運」の前に「拡大」「ふくらまし」の天体とわたしは教わりました。
そっちではすごく実感があります。

素の自分というのは月という天体が表します。
純粋に幸福感を感じるなら月に木星が重なった時かと思う。

太陽って「こうありたい自分」なんだよね。
素の自分というより「社会の中でのわたしがどうありたいか、どうあればプライドが満たされるか」。

(この獅子木星についてはまついなつき先生がnoteというサイトで書かれていらっしゃるので詳しくはそちらお読みくださいませ。読んでなるほどと膝を打った!影響受けています。検索してね。)

7月半ばから「自分って何者?」とか「わたしは何をしたい人間なの?」とかそんなことばかり考えています。
つまりは「自分という存在」への意識が肥大している状態。ふくらましです。
毎日、頭と体で格闘しています。
「わたしは何者でありたいか」「そのためには今何をすることが必要なのか」
必要だと思うことのために何かを続け、その続けたい何かを守るために別の何かをなんとかする。しきれないことはあきらめる。
意識が肥大したとして、時間と体力は有限。
その中でできることできないことを取捨選択する必要があるなーという実感。
必要なことのために取捨選択って、蠍土星もかかわってるな。

今年のアタマから意識の上で変革をせまられる部分は多かったんですけれど(いわゆるグランドクロスの影響は大きい様子)、その後、実際に社会にコミットしていく木星土星が絡んでどう世の中に着地させていくか。

まさに星、ですねえ...。

あ、木星のサインの獅子座は太陽が支配星です。
サインにかかわらず、自分の太陽らしい社会的プライドに沿って生きることを意識すればよりその木星のふくらまし効果はより活きる。

四大元素で超超シンプルに言えば、

土(牡牛・乙女・山羊)の人は具体性、確実性、感覚を。
火(牡羊・獅子・射手)の人はおもしろさ
風(双子・天秤・水瓶)の人は情報、コミュニケーション、客観性をともなう繋がり
水(蟹・蠍・魚)の人は共感力、感情、感情をともなう繋がり

まあわたしはぶつぶつ言いながらも好きで格闘していると思うんです。
それが今、必要なことだと体が知っているような気がする。

なんだかんだで星と連動して生きている...みたいだ。

広告を非表示にする