なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

にっこりする。

日曜日の朝のこと。 気がついたら、履歴書用の写真以外に自分の姿が写った写真というものを持っていなかった。 旅行に行っても自分が入った写真を撮ることは基本ない。 そんなもんはいらないと思っていたし、今でも思っている。 しかしちょっと事情があって、自分の写真というものが必要になった。 しかもそれはどうやら履歴書に使っている証明用写真とは別のものがよさそうで。 誰かにお願いして撮ってもらおうかと思ったけれど、そう頻繁に会ってお願いできるような人が思いつかなかった。 よってこの件ずーっと放置し続けてきたのだけれど、どうやらやっぱり撮らないと保留になりつづけてしまう。 思い切って携帯のカメラで自分を撮ることにしてみた。 わたしは本当に子供の頃から容姿に関するコンプレックスが強い。 大人になってずいぶん経つけれど、自分で撮ってみた自分の写真はやっぱりひどい、というかいいとこない、と思った。正直なところ。 ひどい。 が、写真は一応自分をアピールするために撮るのである。 だめもとで「笑おう」と思って、自分の人生ではこれまでにはありえないくらいに携帯のカメラを前にして「にっこり」した。しまくった。そしてシャッターを切りまくった。 ひとつ気がついたことがある。 にっこりしている時って嫌な気持ちにはなれないということだ。 形からというけれど、なるほどなと思う。 姿勢について以前、どなたからか「開運はよい姿勢から」と言われたことがあるけれど、同じことか。 大量の写真を撮って、眺めて。 やはり自分は美しくない、と思った。 けれどもにっこりしている写真の方がにっこりしていない写真の100倍マシだと実感した。 そのまんまだと暗くてぼんやりしてやばそうな不細工なおばちゃんだけど、にっこりすればおだやかないい人ぐらいには見える。 だとしたらにっこりしている方が全部いい。 本当のことはわからない。 ただ、自分のことをすばらしい存在なんだと思いたいのだと思う。多分。

広告を非表示にする