なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

「はじめてのタロットカードワークショップ」終了しました。

しゃ、写真撮るの忘れました…。 地味に木曜日「はじめてのタロットカードワークショップ」開催いたしました。 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。 本人はいっぱいいっぱいなわけです。いつも通り。 ひいてもらう。しゃべる。その繰り返し。 わたしがお話するだけではつまらない。 どんどんカードをひいてもらってなじんでいただく。 そもそもわたしは「タロット占いって楽しいよ」「怖くないよ」「自分で出来たほうがきっと楽しい」と思っていて、そのあたりを初めてタロットカードに触れる方にお伝えしたかった。 だから「怖そう?」「すごそう?」という固定観念(なかったらごめんなさい)を崩してもらうためにも…はい。べたべたカードに触ってもらいました。 前々日ぐらいからわたしは風邪をひいてしまいまして、どうなるんかいなとひやひやしていたけれど。奇跡的にこの日は熱も下がりました…。よ、かったー。 お教室などだと、初心者の方にはライダー版ウェイトタロットを薦められることが多いと思うんですけれど、 せっかくだからいろんなカードを持って行ってみました。 取り組み方はいろいろいろですもん。ご本人が楽しんで使えるのが一番。 その方がいいリーディングにも繋がると思うしね。 その中で一番人気があったのは、キキララタロット! やー、あらためてまじまじとカード見てみるとよくできてます。このタロットカード。 必要なアイテムはちゃんと描かれてる。 「皇帝」の四角い椅子とか、「戦車」では乗り物に乗っているし…。 あなどれねーな、と(何様発言ですみません!)。 …ときどーきお客さまからレスポンスをいただくことがあります。 わたし常に「自分、こんなんでいいの?」って思ってる人だけど、もしかしてこれでいいのかもという気がしてきました…。 いただいたレスポンスを読んで。 これについては絶対の正解はないのでしょう。 ワークショップはまた開催させていただくつもりでいます。 いつか、よろしかったらお越しください。 ワークショップの途中で話題に上がった、0番「愚者」の手にしている白い花。 あらためてネットで(あらためて調べようと思うとうちにある本には記載がなかった)調べると、「無垢の象徴」のようでした。 そうかー「白」だもんね。純白、無垢、穢れのなさ、高潔。 世の中の枠組からはずれた場所にいても、魂は高潔なんだ。 なんとなくバランスについて考える。

広告を非表示にする