読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

(こそっといまさら自己紹介を…。)

プロフィール
こんにちは。 もしかしてもしかしたらこのブログ、はじめての方もいらっしゃるのでしょうか。 占いやったり、お酒作ったり、キーボード入力したりダンボール切ったりして生きています。なかむらかえるです。 「お酒作ったり」のパートは、夜、時々ライブハウスの店番をさせてもらっておりまして。そこでのお話だったりします。 お店では毎月フリーペーパーを発行しています。 1月号では、上司かつ長年の友人であるKくんがわたしの自己紹介を書いてくださいました。 ちょこっと抜粋。 「…この夏から手伝ってもらっている中村さんはスタッフ◯◯の長い友人で、セミプロの占い師でもあります。そのほかにも作家のアシスタント的なことをしたり、映画会社の宣伝スタッフをしたり、おもしろい経験を積んでいて、さらに凝り性なので変なことをよく知っていたりして話をするとなかなか面白いですよ。しかし少しオッチョコチョイです。…(この後、他のスタッフの方の紹介に続きます)」 一応Kくんには、掲載前に「問題ないかチェックしてー」とメールをもらっていました。 それを読んだ時、「なんじゃこりゃー」と思いました。「え、誰?」とも。 なんか「超うさんくさい」よー。 …しかし自分の人生を振り返ると全部本当は本当ではないか。「おもしろい経験」はともかく。 年末のお店の大掃除では普段お会いしないスタッフさんともひさしぶりに顔合わせ。 「自己紹介見て、何も知らなかったことを知りました」と言われ、 そこで追い打ちのようにKくんが放った言葉が、 「そして意外と恋多き女(笑)」。 「えーっ!」と言いかけましたが、 ごめん…これも嘘じゃないや。悪かったな「そして」で、「意外と」で。「(笑)」でー。 「結婚」がひとつの到達点だとするなら、全部壊したりだめになったりしているわけですけど(現在も独身アラフォー)。 恋愛、大好きです。お付き合いに至らなくても惚れっぽさは異常です。 誰かを好きで「会いたい」とか思ったり、会ってる時のうれしいあの感じは非常にエキサイティングで、興奮物質のドーパミンが出るってまさにああいうことなのかと回想します。 まさにまさに西洋占星術でいうと火星の範疇。日常のお楽しみではないんです。 http://uguisu.skr.jp/question/love.html (「恋愛 ドーパミン」で調べたら出てきたサイト。「「ドーパミン」の大量分泌は体への負担が大きく、長続きしません。そのため「恋愛の賞味期間」は、せいぜい18ヶ月~3年です。」って書いてある…。) 以前にお付き合いしていた人に言われた言葉があります。 「どうして君は全部自己完結して、全部切ってしまったり断ったりするの?」と。 …こういうの、言われないと自分じゃ認識できることではないですよね。 (でも多分自分でもなんとなくわかってて、それが他人からもわかるってこととか、そのことが相手のことも傷つけるんだとかいうことが、「言われてショック」でした。) こうやって、自分にとって痛い言葉を突きつけてくれるような誰かとのかかわりを持つということは、いろいろあっても「いいこと」だと思うんです。 最近合間に読んでます。上野千鶴子さんの「身の下相談にお答えします」。 個人的には非常に面白いです。 身の下相談にお答えします (朝日文庫)/朝日新聞出版 ¥693 Amazon.co.jp …いかん、自己紹介になんなかったな。だめな恋愛自慢の回です…。 でも恋愛、大好きです。(最近しないけど) あ、上の店番しているお店のことも大好きです。いつかこのお店のことも書きますね。
広告を非表示にする