なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

まほさんとのタロットのお勉強のこと。

アロマアルケミストの藤井まほさんが、わたしの行った(?)タロットのレッスン的な時間のことを書いてくださいました。(照れがあって「レッスン」とはまだダイレクトに口にできないという…いやはや)→ 書かれた記事の中には某会議室という魅力的な場所とわたし自身とタロットのことも登場するのだけれど、 うれしいのと照れくさいのとで時々そーっと、でも何度も横目でちらちら読ませていただいています。 最初にご連絡いただいた時は「まほさん、もの好きな方だなあ…」と思いました。大変に失礼…。 ご連絡いただいた時点でわたしは誰かになにかをお教えした経験というのはないに等しかったし、 そもそもわたしのタロット占いは、どうやらスタンダードではないらしい。そういう自覚はあります。(もちろん基本カードをそのまま読んでいるだけということには変わらないのですが) …とかなんとか言いながらも、とっさに「おもしろそう!」という直感が働いて、それでお話を受けさせていただきました。 で、おもしろかったかおもしろくなかったかということで言うならば、おもしろかった。とっても。…わたしが!です…。 講座と書いてくださっているけれど、そもそもまほさんにお教えすることなんてそんなにたくさんはやっぱりなくて、カードを展開しながら一緒に言葉や「こうしたら相談者の方により伝わるんじゃないか」という気づきをひっぱりだし合ったような。そんな時間でした。 それがとても刺激的だったのです。脳みそがうれしくてたまらないみたいな。 まほさんが書かれている某会議室という場所もはとても素敵な場所でした。 窓が大きくて陽があたって、静かでバレエのレッスンでもできそうな広さなのに。だだっ広いようでもなんだか落ち着く。こんな贅沢な場所はなかなかない。 もっと早く出会いたかったな。 でもまほさんと、この場所に出会えただけでわたしは本当にラッキーだったよね、とひとりでかみしめています。 まほさん、浄化バスソルトやミストつきの鑑定をされています。→ わたしは講座に参加させていただいたことがあるのですが、アロマというものを本当に「体で感じる」ことを重視した内容でとても感動したのでした。そうなの。頭の前に体なの!→ まほさんは言葉がすごく面白いんです。その前に発想なのかな。 あることについて、わたしが思いもしなかった言葉がポンポン口から出てきます。それはわたしでは生まれ変わっても考えつかないことなの。でもそれ以外ないというくらい的確で、はっとさせられることが多かったんです。 すでにプロとして鑑定もされていらっしゃるまほさんがわたしのところにいらしてくださったのはブラッシュアップという意味だと勝手にお見受けしました。 とすると今後まほさんの活動はどんな展開を見せていかれるのだろう。 あやしかったらごめんなさい。でもそーっとずーっと追っかけさせてくださいね。 いろんな方がこれから動くために力をつけようとされていたり、ひとつ新たな小さな一歩を踏み出されていくのをお見かけします。 春に美しく花ひらくために、冬ってそーっと自分の力を強化していく時期なんだ。 そんなことを考えるのでした。

広告を非表示にする