なかえるブログこんにちは。

なかむらかえると申します。占う人。星とカードと手のひらと。うっかり等身大で歩きだすお手伝いをしています。東京・西荻窪あれやこれや

10/3、10/17「西洋占星術ブラッシュアップ会 水星」告知(その3ぐらい?)

こんばんは。 9/20日頃、「これから宣伝の鬼になります」と宣言したままなんにもしてなかったよ…。 そういうわけで約6日ぶりに宣伝です。 10月も司会進行を務めさせていただきます! わーい。お二人お申込みいただきました。 10月3日(木)10-12時/10月17日(木)19-21時(同内容で2回開催) 「西洋占星術ブラッシュアップ会 水星」 ~水星で稼げる分野を特定する~ 占いの仕事と一口に言っても内容はいろいろ。対面・メール・電話・講師・原稿など…。 水星の状態からご自分が向いている分野を考えてみましょう。 場所 中野トナカイ@中野ブロードウェイ4階 定員 各日6名 参加費2,000円(残席4) 参加申込はfrorogn0819@@hotmail.co.jp(なかむらかえる)まで。(@マークを一つ抜いてね) タイトルを「10月3日ブラッシュアップ会」あるいは「10月17日ブラッシュアップ会」とし、以下の内容をお書き添えの上お申込みください。 ・お名前 ・メールアドレス ・生年月日、出生時間、出生地 ・電話番号(メールが戻ってきた時のご連絡用として) ※勉強会ですので、参加者さんの出生データもシェアしたいと思います。こちらご了承ください。もちろん外部で使用することはございません。 せっかくなので複数いらっしゃる場で、他者からみたご自身とその水星の読みも絡めつつ、水星の状態と占いの仕事の分野での適性ということについて一緒に考えられればと思っています。 さて、かくかくしかしかの事情により慌てて勉強しているなかむらかえるです。 うちにある西洋占星術関連本を挙げてみる。 ・完全マスター西洋占星術 松村潔 ・しあわせ占星術 まついなつき ・詳解・月の正統西洋占星術 神谷充彦 ・最新占星術入門 松村潔 ・基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門 いけだ笑み ・続・基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門 いけだ笑み ・完全版 心理占星学入門 岡本翔子 ・はじめての占星術 鏡リュウジ ・決定版!!サビア占星術 松村潔 ・未来事典―3年後の私がわかるサビア占星術 松村潔 ・ディグリー占星術 松村潔 …なんかまださりげなくあった気がする。絶対ある。 そいでもって実はサビアン関係の本は読みきれてないまま積まれてる…。 (でも言い訳的には、いつどこ開いても面白いから!) 占星術を勉強しはじめて一番最初に読んだのは鏡リュウジさんの「星のワークブック」だったはず。今は手元にないのだけれど。天体・ハウス・サインの説明が端的でわかりやすかった。 それからまついなつき先生の「しあわせ占星術、読んだ当時もわかりやすかったけれど、なおかつ時間が経ってその重要さがさらにわかります。 次が松村潔さんの「最新占星術入門」、ぜーぜー言いながら読んだ覚えが。当時のわたしには難しすぎた。でもすんごく中身のつまった本。 いけだ笑み先生の「基本の『き』目からウロコの西洋占星術入門」の太陽と月のサインの組み合わせは新しくお友達ができるたびに眺め。 岡本翔子さんの「完全版・心理占星学入門」は文章が柔らかくて好きだった。 最近読んでいるのは松村潔さんの「完全マスター西洋占星術です。 これまでいろんな先生に教わってきたけれど、この本を読み始めてそれらの知識がすべてつながったような気がしました。天体の説明がすばらしいのです。天体から天体への流れの部分。 必要だと思われることがぎゅっと短くうまく詰まっているのは神谷充彦さんの「詳解・月の正統西洋占星術かなあ。天体同士のアスペクトの説明も「どうしてそう読むのか」という説明があるので腑に落ちやすい。 でもこうやってあらためて挙げると案外たくさんあるよなあ…。 なのになんでこんなにばかなままなんだろう…? はー、がんばります。 ていうか、ほんとはまだまだ読みたい本あるのよー。 でも全然読みたい気持ちに肉体と頭が追い付いていないのー。 実はとっても悔しいのであります。 しかしせめて「完全マスター西洋占星術」を読みきってから! そういうわたしが進行役を務めますです…。 怖くはないと思われるので、ご都合よろしかったらどうぞお気軽にお申込みくださいね。 あ、「西洋占星術ブラッシュアップ会 水星」ね!(しつこく宣伝)

広告を非表示にする